FAIL (the browser should render some flash content, not this).



連続してポケットしていくことが勝つための条件です。ナインボールの場合、9番以外のボールをポケットしても、次のショットにつながらなければ意味がありません。よって、次ぎのショットを考えてボールの位置をコントロールする「ポジショニング」が重要になってきます。


次を考える
例えば下図のようなボールの配置があるとします。何も考えずに手球を中心撞いてしまうと1番付近に手球がとまり、次の2番がねらいずらくなります。そこで少し押し気味に撞いて、ねらいやすい位置に手球を進めてやります。するとどうでしょう、より確実に2番をポケットできるポジショニングが得られます。常日頃から、ポケットした後のポジショニングをいつも計算しながらショットする癖をつけると、上達のスピードが格段に上がります。



陥りやすいミス
ポジショニングを考えた上で陥りやすいミスがあります。下図のように、中心撞きで5番をポケットすると手球はクション付近(×)に止まります。一見すると簡単そうに見えますが右利きの人にとっては、とても撞きずらいショットになってしまいます。この場合、引き球で撞いて意図的に手球を遠ざけた位置(○)にポジショニングすることで、無理な体勢からのショットを避けることができます。単に的球を撞きやすい位置に手球をコントロールするのではなく、状況を考えた上でポジショニングを取ることが必要とされます。


NEXT   |   BACK   |   MENU LIST   |   PAGE TOP