FAIL (the browser should render some flash content, not this).



的球を落とすには、いろいろな方法があります。ここでは「イメージボール」をつかった方法と、クッションをつかった「バンクショット」を紹介していきます。では、実際に的球をポケットに落としてみましょう。




イメージボール
原則として、手球と的球2つの球の中心を結ぶ線上に的球は進みます。ですのでポケットと的球と手球が一直線上にあれば簡単に落とすことができます。しかし、ゲーム中は手球が一直線上にないことがほとんどです。この場合はポケットと的球の中心を結ぶ線上に手球を撞きます。こうすれば一瞬、3つのボールが一直線上になり的球はポケットに進みます。この方法を解り易くしたのが左図のイメージボールを置く方法です。ポケットと的球を結ぶ線上に、もう1つ的球とくっついたボールがあるとイメージすれば、後はイメージボールに向かって撞くだけで的球はポケットへと吸い込まれていきます。
※的球をポケットできる手球の位置(左右90度の範囲以内であればポケット可能)。

バンクショット
下図のように、手球を的球に「薄くあてる場合」と「厚くあてる場合」とでは、当然「厚くあてる場合」のほうがポケットする確率は高くなります。よって、ゲーム中(ボールの配置による)は狙えるポケットが複数ある場合は、一番厚く狙えるポケットを選択します。

また、ほかのボールがじゃまで直接ポケットできない場合など、クッションの反射を利用し的球をポケットする「バンクショット」が有効です。その時、目安になるのが下図のバンクショットシステム(左下コーナーをねらう場合です。また、右下コーナーは数字が逆になります。)です。


バンクショットシステム
上下同じ数字を結ぶラインの上に的球があれば、交わった位置にクッションさせることで左下コーナーにポケットできます。もしライン上に的球がない場合でも、このラインを応用させればポケットすることも可能です。※的球にも「入射角=反射角」の原則が存在します。
イメージボールを利用したバンクショットと通常のバンクショット
バンクショットシステム(右下コーナー用)
バンクショットシステム(ロングライン用)


NEXT   |   BACK   |   MENU LIST   |   PAGE TOP