FAIL (the browser should render some flash content, not this).



手球が的球に当たった時に的球の進むコースを決めるのは「厚み」です。手球を的球に、厚く当てるか薄く当てるかで的球の動きは大きく変わってきます。また、「ずらし」をすることで手球の動きも大きく変わってきます。ここで手球と的球の動きを確認してみましょう。


厚み
手球の中心を撞き的球の中心に真っすぐ当たれば、当然そのまま真っすぐ進みます。では、どうすれば的球の進むコースを変えることができるか。それは的球の中心をずらせて「厚み」を変えて当てることです。「厚み」は中心どうしが当たったときを1として、2分の1、3分の1という言い方をします。1がもっとも手球と的球が厚く当たった時で2分の1が直径の半分が当たった時、3分の1が直径の3分の1が当たった時、といった具合です。また、薄く当てれば当てるほど的球の進む角度が深くなっていきます。しかし、その分比例してコントロールの難易度が上がっていきますので、厚く当てたほうが「ポケット」することはやさしくなります。

※90度の法則
手球の中心を撞いて的球に当たった時、厚みの割合に関係なく2つの球のコースがつくる角度は必ず90度になります。

厚みの感覚をつかもう
手球をヘッドスポットに置き、的球をセンタースポットへ置きます。正確に2分の1の厚みで当てれば、左下のコーナースポットに落ちます。また、的球をフットスポットに置いて3分の1の厚みで当てても左下コーナースポットに落ちます。この方法で厚みの感覚をつかむまで練習してみてください。



NEXT   |   BACK   |   MENU LIST   |   PAGE TOP