FAIL (the browser should render some flash content, not this).



キューを握るグリップは優しく、しっかりとしたスタンスは身体を安定し、キューを支えるブリッジは正確なコントロールを。正しいフォームは美しいフォームに、そして美しいフォームは確かなショットにつながります。


チェック!
キューの重心の少し後ろ寄りを、上から優しく包み込むように軽くグリップします。
グリップ
キュー自体はとても軽いものです。よって初心者の方はいろいろな握り方をしてしまいがちです。それでは変に力んでしまってり、ぎこちなくなったりして安定したストロークはできません。正しいグリップを左図で確認してみましょう。 グリップの位置はキューの重心から少しキュー尻にさがったあたりです。そこをキューの真上から優しく包むように軽く握ります。手首は返さずにすっと自然な状態が正しいグリップです。

※重心の位置
キューを手のひらをあわせた人差指の上に乗せてみてください。ふらふらしない位置が一点あります、そこがキューの重心になります。


ダメなグリップの例

チェック!スタンスが決まれば、自然とバランスのとれた美しいフォームにつながります。
スタンス
立ち位置は(右利きの人の場合)右足から、撞く方向に体を向けてすっと真っすぐ立ちます。そしてイメージしている撞くラインの延長線上に右足のつま先をのせて、左足を斜め前に出します。始めは少しぎこちない感じがしますが、上半身のバランスをきっちり支えるのにはこれがベストな両足の位置(スタンス)です。

※ 注意
両足を揃えたり、極端に開いたり、平行に立ったりするとバランスをとるのがとても難しくなります。また、重心を片足だけ極端に置いたりすると上体のバランスが崩れ、正確なストロークは望めません。





ブリッジ
キューを支える左手の形(右利きの人の場合)をブリッジと言います。キューを正確にコントロールするためにもっとも重要な部分です。適当に覚えてしまうと正確なショットはできませんので、きっちりブリッジをつくって撞くことを習慣づけしましょう。

※スタンダードブリッジのつくりかた
左図1のように手を軽く握りグーの形にします。次に(左図2)、人差し指と親指をV字型に開きます。(左図3)その間にキュー先を通し、人差し指を曲げ親指にくっつけます。(左図4)最後に中指、薬指、小指を開きます。中指、薬指、小指の三本が土台になりスタンダードブリッジの完成です。また慣れないうちはやりづらいですが、スムーズにストロークできるまで何度も練習してみてください。

※ブリッジの位置
スタンダードブリッジは通常手球から20センチ前後につくります。しかし、ボールの位置によってスタンダードブリッジがつくれない状況が多々あります。その場合、下図のブリッジバリエージョンを状況に応じて対応させます。


ブリッジのバリエーション
Vブリッジ
遠い手球をねらう時
レールブリッジ
手球がクッションに近い時
Masse
マッセを使う時


NEXT   |   BACK   |   MENU LIST   |   PAGE TOP