FAIL (the browser should render some flash content, not this).



どんなゲームにも共通する絶対にやってはいけない「ファウル」というものがあります。

1.静止
テーブル上の全てのボールが完全に静止するまでショットしてはいけません。

2.ボールにふれる
テーブル上のどのボールにふれてもファウルになります。腕や衣服などもNGで、許されるのはタップと手球の接触だけです。またカラーボールを撞いてしまった場合は、そのゲームは負けとなります。

3.手球がポケットする
ショット後、手玉がポケットしてしまうことを「スクラッチ」といいファウルになります。その時、同時にポケットしたほか のボールも無効になり、テーブル上に戻さなければなりません。

4.ボールがテーブルの外に出てしまう
まれに見ますが、ボールがレール上にのった時もファウルとなります。

5.ノークッション
手球が的球にあたった後、どのボールもクッションに入らない場合はファウルになります(ポケットしていればセーフ)。

6.目印
テーブル・レール上にチョークなど目印になるようなものを使用してはいけません(ポイントを利用するのはOK)。またキューで目測した時にキューを手放しにした行為はファウルになります。

7.両足が浮く
両方の足が床から離れてはいけません。身体をのりだすようなショットは「メカニカル・ブリッジ」を使用しましょう。

8.2度撞き
タップが手球に2度以上触れる場合は手球と的球がチョーク1個以内であれば「ダブルヒット」をコールすればセーフになります。 ですが、それ以上に間隔がある時はファウルになります。また、少し複雑ですがチョーク1個以内の距離でもキューを撞き出 す方向に的球とくっついてる他のボールやクッションがある時はファウルになります。

9.ジャンプ
故意にみてとれるジャンプショットはファウルになります。また手球をすくい上げるようなショットもファウルにあたります。


NEXT   |   BACK   |   LINEUP MENU   |   PAGE TOP