FAIL (the browser should render some flash content, not this).



Rotation(ローテーション)
ナインボールに次ぐ人気のあるゲームで、合計得点によって勝敗を競い合うのが特徴です。

1番〜15番までのカラーボールと手球、合計16個のボールを使用します。ゲーム人数は1対1か、2対2のペアマッチで勝負を競います。

コールショット
ローテーションでは指定したボールを指定したポケットに入れなければなりません。このことを「コールショット」といいます。このルールを破ってしまった時、ペナルティーとしてそのプレーは無効となりプレイヤーは交代となります。また指定したポケット以外のポケットに入ってしまったボールは、フットスポットに戻します。
※ブレイクショットは「コールショット」にはあたりません。

@バンキング
まず先攻するプレーヤーを決定するため「バンキング」を行います。

Aブレイクショット
先攻者がファーストショット(ブレイクショットといいます)を行います。ヘッドラインより内側から、手球をラックの 頂点にある1番(黄色いボール)めがけて撞いてください。

B最小番号
スタートしたら、テーブル上にある最小番号のカラーボールを的球にして、ゲームを進めていきます。手球を最初に的球にあてれば その結果どのボールがポケットしても有効です。ブレイクショットで1番〜15番のどれかがポケットすれば、先攻者は引続きショット を続けることができます。なにもポケットできなければ後攻の人と交代となります。

C勝敗
セーフプレーでポケットしたボールの番号を、そのまま点数に数えます。例えば1番と2番をポケットしたら3点、的球2番を狙うショット で2番と12番が同時にポケットできたら14点というように点数を足していきます。最終的にあらかじめ決めておいた合計点数に、先に達 したプレイヤーの勝ちになります。(競技では60点や120点が多い)設定点数が多い場合は、全てのボールをポケットしても勝負がつか ないことがありますが、そんな時はラックし直してショットを続けます。この場合「最終ポケットのあと、手球をヘッドライン内に入れ 、その位置からブレイク」というルールがあります。手球がヘッドライン内に入らなければ相手にブレイクの権利が移ります。(この時 ヘッドライン内であれば好きな位置からショットできます。)

ファール
上記で説明したファール以外にも、ローテーションにはファウルがあります。
@手球が最小番号のボールに当たらない時。
A手球が的球とほかのボールに同時に当たった時。

ファール後の処理
ファウルで交代する場合、手球を好きな位置におく「手球自由ルール」と、手球・的球を選んで決められた位置におく「手球・的球 選択ルール」があるので、ゲームが始まる前に確認する必要があります。

手球・的球選択ルール
1.手球と的球の位置を変えずにショットする。

2.的球はそのままで、手球をヘッドライン内の好きな位置に移動させてショットする(ただし的球がヘッドライン内にある時は センタースポットかフットスポットへ移動)

3.手球はそのままで、的球をセンタースポットかフットスポットに移動してショットする。

NEXT   |   BACK   |   LINEUP MENU   |   PAGE TOP